본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

忠南に全国初のペットの産業基盤がやってくる

ペットウォン・ウェルフェア・バレーの造成事業公募選定… 新成長動力先占努力の結実

2024.04.29(월) 09:41:01 | 忠淸南道 (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)

ペット・ウォン・ウェルフェア・バレーの鳥瞰図


ペット・ウォン・ウェルフェア・バレーの鳥瞰図

▲ ペット・ウォン・ウェルフェア・バレーの鳥瞰図


急激に成長しているペット関連産業を新成長動力で先取りするための忠南道の努力が結実を結んだ。
 
道は農林畜産食品部主管の「ペット・ウォン・ウェルフェア・バレー(One-Welfare Valley)の造成事業」の公募に最終的に選定されたと25日明らかにした。
 
この事業は昨年8月9日非常経済長官会議にて発表した「ペット連携産業育成対策」の一環で、今回の公募選定により內浦新都市に全国初のペット連関産業実証総合基盤施設が構築される。
 
忠南大学の內浦キャンパスの設立と連携推進する初事業として、前もって、忠南大学は先日2月19日に內浦キャンパス設立のための合意覚書に署名しつつ、ワン・ウェルフェア・バレー研究センターを新設することにしたことがある。
 
道は內浦キャンパスが開校する2027年まで4年間、国費200億ウォンなど総400億ウォンの事業費を投入し、キャンパス内2万8950㎡敷地に△ペット用製品実証△研究開発△養育・獣医△企業支援を中心にしたワン・ウェルフェア・バレーを造成する計画である。
実証分野はペットの健康と安全が保障される最高の福祉環境の中で企業側が開発した安全な製品とサービスを優先的に体験できるようにし、嗜好性・栄養性・動作性などに対する実証サービスを提供する。
 
研究開発分野は導入が難しい高価特化装備の利用及び利用者教育支援と試製品製作・技術支援・専門家マッチングなどの技術事業化を支援する。
 
企業支援はペット関連企業を対象にした空間、創業、輸出などの全周期支援体系を構築する。
 
道と忠南大学は、內浦キャンパス「獣医グリーン融合系列(獣医防疫・動物保健学科)」とワン・ウェルフェア・バレーがペット関連産業の体系的育成とともに、內浦新都市完成の力になると期待している。
 
今後は第2段階の第2期の地域均衡発展事業を通じて2026年から専門テスト認証機関である韓国化学融合テスト研究院(KTR)を主管にし、「ペット・ヘルステックテスト評価認証センター」を構築し、ペット・ヘルステック製品 のテスト評価認証体系を設ける計画である。
 
併せて、洪城郡銀河面に造成中のペット文化センターをはじめとするペット関連施設と優秀な産業基盤と連携し、洪城郡を名実共なペット動物関連産業のメガクラスターとして造成する方針である。
 
道産業経済室長のアン・ホは「今回の公募事業選定は忠南大学の內浦キャンパス設立の成功的な開始を知らせる意味がある」と語り、「国内伴侶動物産業の拠点に跳躍するだけではなく、グローバル競争力を備えたペット産業メガクラスタに発展できるよう最善を尽くします」と語った。
 
 
担当部署 産業育成とバイオ産業チーム
電話番号 041-635-2252

상단으로 이동