본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

ヨーロッパ人も一目惚れした忠南観光「魅力」

道、5~7日ドイツベルリン国際観光博覧会にて2025~2026忠南訪問の年を広報

2024.03.08(금) 09:34:13 | 忠淸南道 (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)



忠南道はドイツのベルリンでヨーロッパと世界の旅行業界を対象に忠南観光の魅力を伝えた。
 
道は忠清南道の訪問客、5000万時代を開く「2025~2026忠南への訪問の年」の成功的な運営のため、過去、5日から7日まで行われた世界3大観光博覧会の「2024ベルリン国際観光博覧会(ITB)」に参加したと明らかにした 。
 
この期間は昨年11月1日に開所式を持って本格運営を始めたドイツ事務所と協業を通じて広報ブース運営および主要バイヤー対象観光プレゼンテーションを行った。
 
広報ブースは公山城、落花巖など百済の美しさがよく保存された忠南の歴史と現代人のためのワーク-休憩併行のプログラムなど、飛躍的な発展をした忠南の現代を時間の流れに沿って、紹介する多角的な展示を通して観覧客の目を引いた。

これと共に百済服を着た案内係りと一緒にする「舒川のノリ・スナック」および「金山の紅参チップ、紅参油科」の試食など、特産物加工食品の体験行事を通じ、視覚から味覚まで、五感を満たして、現地の人々から多くに人気を集めた 。
 
ロンドンのナショナル・ジオグラフィック、トリップ・アドバイザー・シンガポールの支社など、世界的な観光関連企業とビジネス・ミーティングを通じて忠南を韓国の隠された宝石として広報できるように追加のコラボレーション案を議論した。
 
道は今後、ベトナム、インドネシア、インド、日本など、海外事務所との持続的な協力を通じて外国人観光客対象観光説明会、ロードショーなど現地にポイントを合わせたカスタマイズ型の広報プログラムを拡大運営する計画である。
 
島文化体育観光局長のソン・ムギョンは「今年は2025~2026を忠南訪問の年の事前運営期間とし、多様な観光プログラムを開発して大々的な広報活動の準備をする計画」とし「今年の観光客の便宜を促進するため、観光基盤施設整備及び 忠南観光の積極的な広報を通じて来年は観光客4000万人、2026年には5000万人時代を開く」と語った。
 
一方、ベルリン国際観光博覧会(ITB)は世界3大国際観光博覧会の一つであり、2023年基準で161カ国5500社以上が参加し、9万127人が行ったヨーロッパ最大の観光博覧会である。
     
    
担当部署 観光振興課観光マーケティングチーム
電話番号 041-635-3884

상단으로 이동